阪神優勝 ~アンタイ・タイガース(近鉄ファン~

阪神タイガースがリーグ優勝しましたね。おめでとうございます。

さて,僕は関西出身ですが,昔から阪神は好きじゃないというか,むしろ嫌いでありました。ですので,院生部屋の関西出身者が喜んでいる姿を見ながら,内心ケッと思っているわけです。クソが。

なぜ阪神が嫌いなのか。それは僕が近鉄ファンだからです。正確には,ファンだったというべきでしょうかね。近鉄,なくなっちゃいましたから…。しかし,最後の優勝を決めた試合のヴィデヲは,今でも大切に保管してあります。昨年受験勉強で苦労したときも,北川の「おつり無し逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン」のシーンを見て自分を奮い立たせてきました。未だに激しくテンションが上がります。

さて,なぜ近鉄ファンだと阪神が嫌いなのか。その気持ちの背後には,阪神に対する僕の妬み嫉みがあるわけです。

Read more...

スポンサーサイト

初めての大仕事

師匠が引き受けた仕事のお手伝いをすることになりました。

海外発&国内某大学との共同プロジェクトといった具合で,規模としては割と大きめです。

声がかかったことは本当に嬉しいです。さらに,うまくすれば業績にもなるかもしれない。ラッキー・ミー!!

しかし…内容はちょっと…ね…。まぁ多くは語らないことにしますが,師匠がなかなか引き受けようとしなかったのも,なんとなく分かります…。

まぁそんなことを言っていても仕方がないので,バッチリやってみようと思います。こういう大きめの仕事に携われるのも勉強になるだろうし,もしかしたら面白くなるかもしれないし。
適当にやってしまって,師匠に恥をかかせるわけにもいきません。つか,やっつけ仕事は自分の将来にとって宜しくないでしょうね。

ということで,少なくとも向こう1年はこの仕事に携わる事になりそうです。修論もあるし,来年が正念場になりそうですな…orz

研究でコラボする事 ~興奮してしまいました~

日心以来,頭と体が研究モードになってきています。
カンファの資料を作ったりして,臨床の頭にもなってきているので,まぁ頭が活性化しているってことなんでしょう。ん~,興奮。

一応既に博士論文までの流れは考えています。それがうまくいくかどうかは別として。んでその過程においては,ロールシャッハ法研究とか臨床心理学研究以外の研究を参照することが非常に多くなりそうです。というか,そうせざるを得ません。ですので,いろいろな分野の研究者の方にご意見を伺う事ができれば最高なのです。マジで。

んで,最近少しずつですが,人脈を作る努力を始めました。

自分が描いている絵を説明させてもらうと,興味を持ってくれる研究者の方も数人いらっしゃってですね,なんかこの先の希望が見えてきました。あとは僕の勉強・頑張り・創造性なんかにかかってますね。興奮してきました。うまいこといけば,それらの領域とのインターフェイスとなるだけでなく,こっちから知見を還元することも可能かも知れない。

さらに,ロールシャッハ研究者の方の中にも,以前ここで書いたような問題意識,つまり,ロールシャッハ法は生き残っていけるのか,というような問題意識を持っており,それに関して既に具体的な成果を挙げている方が居られます。なんか嬉しいね。こういうの。早速メールの返事を書かねば。


もし許されるのならば,僕はそういう人達と一緒に何かをしていきたい。

Read more...

質的心理学 ~WSに出てみた~

日心の話をもう少し。

昨日書いたのは,
シンポジウム「心理療法と認知心理学のインターフェイスは可能か」
WS「児童青年に対する認知行動療法の理論と実際」
の二つについての感想でした。

実はもう一つ出ていたのですが,自分の理解がなかなかついて行かなかったので感想を書くことを控えていたのですが,まぁおさらい程度に書いてみます。

WS「質的と標榜することで革新されるものは何か」

質的心理学…。なんとなくほのかな期待を寄せてしまう名前です。もしかしたら,心理学にパラダイムシフトを起こしてくれるのではないか,自分の研究に役立つ方法論が転がっているのでないか,と。

しかし,WS中にもお話があったのですが,この質的心理学という名前は正直微妙な気がします。「質的」ってのはあくまで方法論なわけで,何か特定の対象を指すわけではありません。ですので,質的心理学と言われても,あ~質的研究をしてるんだなぁ,くらいのイメージしかなかなか沸いてきません。つか,質的研究法は,むしろ心理学の伝統なんじゃねーの?ピアジェとかさぁとか思いながら参加したんですが,このあたりの話も出てきまして,聴いている分には非常に面白かったです。

Read more...

日心から帰ってきた ~課題課題課題~

日心二日目も終了し,さっき自宅に着きました。明日は残念ながら行けないので,今日でおしまいです。

前々からコンタクトを取りたかった研究者の方ともお会いできましたし,昨日は思わぬところでグッと来る議論もできました。どっちも熱かった。お昼休みはアイデアをメモ帳に書き留めるのに熱中して,昼ご飯も食べられませんでしたよ。なんか行く前よりも,自分がやりたいこととか,研究のための課題なんかがハッキリしました。がんばらねば。

そういえば今日の午後落雷がありました。『心理療法と認知心理学のインターフェイスは可能か』っていうシンポジウムを聞きに行ってたんですが,大事なところが雷の音で聞こえなかったり・・・

それでもまぁ,精神分析,森田療法,認知行動療法,認知リハと認知心理学との関係についての議論を聞くことができました。しかし,認知心理学とのって銘打ってはいるものの,前の二つに関しては認知療法との類似性みたいな話が結構多かったですね。

Read more...

まだ起きている ~日心遅刻必死~

明日は早起きして東京に出ようと思っているのですが,まだ起きてしまっています。

というのも,これまでいくら読んでもなかなか頭に入ってこなかった,


土居健郎著『改訂 方法としての面接』



をベッドでパラパラと眺めていたら,急にグアッと読めてきたからです。
おもすれぇ…。

Read more...

忘れないように書いておく ~Aid Rorschach~

研究とかについて書きます。

Read more...

最近買ったり読んだりした本 ~積ん読生活~

まだ手元にある本が読めないうちに,新しい本を買ってしまいます。
そんな怠け者な自分を戒めるためにも,最近買ったり読んだり本をちょこっと紹介,というか羅列。


Read more...

日本心理学会第69回大会 ~財布と相談?問答無用?~

日心の開催日が近づいてきました。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。