DEbyS Adult Attachment Lab. ~シリーズ化~

なんかこいつ曰くウケが良いらしいので,シリーズ化決定しました。これにより,忙しい全俺が泣いた。

まずこないだのエントリに対する,俺による俺に対する異論反論。

ブームが終わったっつーか,社会・人格心理学系の研究が最近減っていているだけで,臨床に絡めた研究,特にファミリーセラピーとかカップルセラピーにからめた研究とか,幼児・児童を対象とした臨床的研究とか,まだまだ花盛りジャン。あんまり内容知らんけど。

Read more...

スポンサーサイト

最近のアタッチメント ~終わりゆくブーム~

ヘイヘイヘイヘイ!今日はアタッチメントの最近の動向をチェックするぜ!!アタッチメントとは言っても,頭にパチパチとつける,そうだな,ちょうど美川憲一が被っているような,髪の毛型帽子の話ではないんだ。アタッチメント,しがみつき,なつき,愛し愛され,赤毛猿。プリミティヴな愛の叫びが聞こえるぜ!この耳に!体に!魂にぃぃぃ!!


1987年にHazan & Shaverが大人愛着を質問紙で研究するなんていうパラダイムをぶち上げてから,この21世紀,2006年の半ばまで,アダルト・アタッチメントは心理学の関心事のひとつで有り続けてきたんだ。すごいことだよな。

既にAdult Attachment InterviewよりもECRっていう質問紙のほうがメジャーだ。AAIなんて,キャリフォルニア大学バークレー校なんてとこまで行ってレクチャー受けないと使えないし,それだったらお気楽な質問紙のほうにみんなが走っても不思議じゃないよな。


でさ,Bowlbyの著作は未だに重要文献として引用され続けているわけで,彼の考えを実証ベースの世界に連れて行ったAinsworth達は本当に偉いよな。Bowlbyも彼らには足向けて眠れないってこった。

でもな,最近,ほんとごく最近なんだけど,もしかしてアダルト・アタッチメント研究って下火?なんて事を思うんだ。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。