まるで昨年の今日のように天気が良いじゃないか

これ,買うてきました。

4414414296愛着理論と精神分析
ピーター・フォナギー
誠信書房 2008-04

by G-Tools


なんとかわいらしい装丁!

ざっと見たところ,ハードコアな内容と言うよりも,やや教科書的な感じがする。しかししかし,いつまでも社会心理学的アタッチメントばっかり見てても臨床に活かし難しなので,色々知ったり整理したり考えたりできそうで,とても面白げ。読むのが楽しみだぜ。ウヒヒ。



それはそうと,最近故あって,曝露反応妨害法を中心に強迫性障害への介入について勉強している。リー・ベアーの本を読んでいると,おおお,俺にもできそうだぞ!という気になってくるが,それはそれとして,初めて指導教員以外の臨床家にSVを依頼する。日米で強迫性障害の治療実績を積み重ねてきた方。これは幸運だなと思う。

4794964641強迫性障害からの脱出
リー ベアー Lee Baer 越野 好文
晶文社 2000-12

by G-Tools




あと,この資料は心理教育に使えるけど,不安低減のグラフなんかも入ってるともっと便利。ということで,この一冊だけでは十分な心理教育ができそうにない。特にキャリアの無い僕のような人間には,この資料だけでってのは,まず無理だろうと思う。ですが,この本にある強迫性障害のモデルはかなり説明しやすい!

4931199674強迫性障害の治療ガイド
飯倉 康郎
二瓶社 1999-06

by G-Tools

Read more...

スポンサーサイト

アンケートにもやり直しはあるんだぜ

ミスったミスった,で,もうエントリごとうpり直す!

さぁ,これはもう,答えないわけにはいきますまい。きっと,熱くなれること必死!

心理学の本(仮題)
【緊急アンケート】心理学・臨床心理学「わたしのこの五書」【投稿ウェルカム】




■■■心理学・臨床心理学の「この五書!」(仮題)アンケート■■■


Decoと言います。最近では凸とも。


0.あなたの現在の専門領域ないし現在最も関心のある事柄を教えてください

病院で検査とケースをやってます。もち非常勤です。

臨床的なオリエンテーションは力動的心理療法です,と最近思えるように。中でも関係的なやつ。

研究ではロールシャッハ法の仕組みに関心があります。

-------

Q1.ロールシャッハ・テストの体験的基礎:アーネスト・G・シャハテル著
(顔怖すぎるぜシャハテル先生!)

Q2.地下室の手記:ドストエフスキー著
(自意識爆発。読んだ年頃が悪かった…)

Q3.
原体験
河合隼雄著:無意識の構造
(自分の中に,自分の知らない事があるだって?という衝撃)

研究者を志すキッカケ
J.J.ギブソン著:生態学的視覚論―ヒトの知覚世界を探る
(初めて心から心理学は面白いと感じた)

Q4.心理療法家の言葉の技術:P.ワクテル著
(セラピストも喋ります。防衛の肩を持ちつつ前へ進むための話し方)

Q5.APA論文作成マニュアル:アメリカ心理学会著
(論文執筆時の参照率№1!本質はしばしば「型」に宿るZE!)

最後に一言:熱くなりました。


こんな感じですね。次点だらけで困る。
ということで,以下は1つ1つについてもう少し書きます。



Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。