金言:概念志向のやつは「なぜ」と問う

Weiner, I. B. (1986). Conceptual and Empirical Perspectives on the Rorschach Assessment of Psychopathology. Journal of personality assessment, 50(3), 472-479.

「なぜ」と問うことの価値について。大賛成です。


それにしても,Weinerの「精神分裂病の心理学」は名著過ぎる。検査に出てくる特徴を概念的に体系立てて,結果優れた統合失調症研究になっている。なんでこれが絶版なんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。