[次回予告] あすならないバンド道 第5話

OHHA(大阪・東淀川・ハードコア・アソシエーション)に参加した俺は,初めてのライブイベントに出演する!

はじめて出演者として訪れるライブハウス。お客の視線。チケットのノルマ。

全てが新しい経験だった!



「あいつ,なんかカラみにくそうじゃね?」「分かるー!」




あぁ,うっせぇな…




歩み始めたバンド道は,果たして何処に向かうのか。

次回,あすならないバンド道第5話,「東淀川炎上」。お楽しみに。
スポンサーサイト

[連載] あすならないバンド道 #4 「プラグド・エレキギター」

俺をバンドに誘ったクラスメイトの中尾(仮名)は,野球部丸出しの丸坊主野郎だった。T字カミソリで執拗に削ぎ落したガタガタな短髪頭の俺とは違って,中尾の丸坊主は定型的な五厘刈りだった。同時に奴は野球部的な定型的チャラさを身に纏っていた。女子と仲良く話せるというだけでなく,背負うリュックサックは茶色の迷彩柄であり,そのアメ村的オシャレさからも,前年度の嫌な記憶を思い出させるタイプの男子生徒だった。そのため,当初俺は中尾との接触に消極的だった。

中尾との接近に先立ち,俺は新しいクラスで渡部(仮名)という極めて冴えない男子生徒と仲良くなっていた。渡部がClash好きだと知った俺は,当時流行していたメロコアと呼ばれる速いパンク音楽のテープを彼に貸した。彼は特にスプロケを気に入った。ある日には,配られたプリントの裏に,知っている限りのパンクロックバンドの名前を書き,それを彼に見せて悦に浸ったりもした。そんなこんなを経て,俺と渡部は教室の隅っこ(本当に隅っこだった)でパンクロックの話をするようになった。

中尾はそれを見て,「あぁ,ダサい奴らがB'zの話でもしてるんだろうな」と思っていたらしい。これは自然なことだ。俺と渡部の極めて冴えない風貌からパンクロックなどというトガッた音楽が連想されるはずもない。俺と渡部の会話の半分は,AKIRAやめぞん一刻等のマンガ,ガキの使いやあらへんでのオープニング企画,スーパーファイヤープロレスリング,そして新日の大仁田騒動等についてのものであり,むしろ中尾とはそっちの話題でいつの間にか仲良くなっていた。

そのうちに俺と渡部と中尾は音楽の話もするようになったが,なんせ中尾はチャラい野球部野郎だ。当時のチャラめな男子高校生は,山嵐やSuck Downといったラップみたいな音楽(ミクスチャー等と呼ばれていた)を好む傾向にあったのだが,やはり中尾もその類だった。そのため,あまり中尾の音楽的趣味には同調できなかったが,そこは野球部,タフガイである。当時流行していたニューヨーク・ハードコアを聴かせたところ,そのラップっぽさとタフガイ性が気に入ったらしく,ようやく中尾とも音楽的に共有できるところが見つかったのだった。

そして何かのはずみで俺がギターをやると知った中尾は,自分のやっていたコピーバンドに誘ってくれたのだ。一度で良いからバンドというものをやってみたかった俺は,彼のバンド「OHHA」に参加することを決めた。ちなみにOHHAとは,大阪・東淀川・ハードコア・アソシエーションの略だった。オッハと発音するのが正しい。アソシエーションとはまた大きく出たな。中尾よ。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。