なぜブルースを歌うか ~Blues from Syracuse~

最近ブログのネタがないので,趣味論文を読んでうpることにしました。しかも簡潔に書くのではなく,なんとなくノリで。



今日はルー・リードの母校から届いた素敵なナンバーをお送りするZE!!


Verhaeghen, P., Joorman, J., & Khan. R.(2005). Why we sing the blues: the relation between self-reflective rumination, mood, and creativity. Emotion, 5(2), 226-232.

「どうして僕らはブルースを歌うの?」




哀しいときにブルースを歌う。

なんで哀しみが創造性に結びつくんだろうか。



聞くところによると,作家や詩人,画家には抑うつ的な人が多いそうだ(例えばLudwig,1994; Andreasen,1987)。抑うつだけど創造的。そういう人が沢山いるんだそうだ。


だけど,抑うつ症状は創造的な症状ではない。なんせ,何事にも関心が無く,不決断で,集中困難なのだから。

だから,抑うつ症状が直接創造性を高めているってことはないだろう。

きっと第3の変数が存在し,抑うつ症状と創造性を媒介しているはずだ。




彼らが考えた第3の変数は,自己反映的反芻self-reflective rumination。

これは,自分の気持ちとか記憶とか,自分自身のことがテーマになっている反芻の事を指している。

思えばこれは,創造的な営みに欠かせない思考の働きだ。深く内省し,自分自身の苦悩を芸術として表現するっていう。


そういや,悩んでるときほど良い物ができるような気もするなぁ。




反芻は思考のスタイルであって,抑うつのリスクにもなれば,ネガティブ感情を維持させる要因にもなる。ネガティブ感情への反芻の影響は甚大だ(Mor & Winquist, 2002)。まぁ,自己反映的反芻も,同じく抑うつのリスクになるだろう。



反芻ってのは,思考の統制に困難があることで生じる現象だって話もある(Hertel,1997)。思考を統制できないから,目標とは関係しない内容が頭に浮かぶ。それがオリジナリティに結びつくとさ。



抑うつと創造性は関連する。

だけど,創造性を高めているのは抑うつ気分ではなく,自己反映的反芻だ。

自己反映的な反芻をしやすい者は,抑うつ症状を呈しやすく,そして高い創造性を示す。

この研究ではこれを検討している。



ちなみに,創造性ってのを測るのが難しい。

測定法上のコンセンサスもない。

だけどまぁ今回は創造的行動を,アイデアの出やすさ,精緻化,オリジナリティの3軸で捉えた。




結果。



過去の抑うつは自己反映的反芻を高め,自己反映的反芻は現在の抑うつを高める。

反芻-抑うつがグルグルグルグル。





自己反映的反芻は,創造的行為への真剣さを高めるし,
色んなアイデアを思いつきやすくする。

真剣になると,費やす時間が増える。

時間もあってアイデアもあるんだから,じっくりネタを精緻化できる。

んで,創造的行為において最も重要なオリジナリティ。
これは主に,色んなアイデアを思いつくことによってもたらされるんだとな。




創造性ってのは,どうやら抑うつの所産ではなく,自己反映的反芻の所産のようだ。自分についてあれこれ深く探索すること,それによって創造性が高められ,同時に人は抑うつ的になっていく。

なんかそんな感じ。







どうして僕らはブルースを歌うのかって?


それは俺には分からない。


ただ,心にブルースを抱きやすい者が,それを歌いやすいだけなんだ。



心に浮かぶブルースも,それを歌うことも,多分全て人生を省みることと,深く深く結びついているのさ。







といったところで今日はおしまい。

Comment

Kick!
かっくいい~
かっくいい~
わかめ男かっくいい~
  • 2006/06/07 22:43
  • わかめ武者
  • URL
  • Edit
そう。

ワカメの落ち武者幽霊は格好いいのさ。
  • 2006/06/07 22:47
  • Deco
  • URL
  • Edit
はじめまして
はじめまして。こんにちわ。ブログはずっと読ませてもらっていましたが、コメントするのは初めてです。

抑うつ症状ではないですが、それとの関連で。

創造性ですが、妄想分裂ポジションから抑うつポジションに移行するさい、罪悪感をどのように引き受けていくか、といった文脈で、罪悪感の昇華、もしくは壊してしまったものを再生する気持ちが芸術に高められると、誰かが言ってました。原典を探したのですが、見つかりませんでしたがf(^-^;

たしか対象関係論の分析家だったと思うのですが。。。
>>セーイチさん

どうも。はじめまして。

>罪悪感の昇華

そうなんですか。へぇ~。


でもまぁあれですね。エントリのネタになってる論文を受けて,昇華っぽい話をしたらおもろいかなって思いましたね。また素敵なトーンのタイトルで。


What did we get by singing the blues?
ブルースを歌って,僕らは何を得たのだろう。

とか。


You sang the blues, but really were you healed?
君はブルースを歌ったけれど,それで本当に癒されたのかい?

とか。


タイトルだけの話ですけど。
  • 2006/06/08 13:33
  • Deco
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。