役所でもめる ~まるっきり非☆社会人~

色々遊びに行ったりとかしつつ,なんだかんだ色々と話したいことはあるんだよね。

でもさぁ,今日の話題は役所での一悶着。これだね。これに限る。


こっちに住み始めてもう2年半くらい経つんだけど,してなかったのね,住民票の異動。うん,必要ないと思ってたのよ。市役所も遠いし,なんだか色々手続きしないといけないことも多いしってことで,生来怠け者って言うかめんどくさがりの僕としては,住民票を動かさないっていう選択肢はほぼ不可避っていうか,それ以外無い,うん,ほんとそれ以外無いって感じだったわけ。


でもさぁ,諸般の事情で住民票をこっちに移さないといけなくなったのね。これは脱ザクタンク運動の一環だったりしたり,他の理由もあったりするわけなんだけどさ。
 
ほいで,地元で転出届ってやつを出してもらったわけ。もち代理人ね。わざわざ大阪まで戻るのもめんどくさいしさ。

んで,こっちの役所に,転入させてくださいっていう手続きをしないといけなかったんだよね。14日以内に。それは分かってたんだけどさぁ,やっぱ忙しいっていうか,めんどくさいっていうか,って感じで,行けなかったのさ。14日以内に。まぁ僕にありそうなことなんだけどね。うん。

んで,それを気にしつつ今日こっちの役所に行ってきたわけ。過ぎちゃったんですけど大丈夫ですか~って。そしたらさぁ,全然大丈夫なわけ。おお,良かった良かったって思うよね。

それで色々と書類に記入することになったわけ。スラスラと書いていくよね。で,「異動年月日」っていう項目があったわけ。なんだろ,こっちに越してきた日ってことかな?と思ったんだよ。でもさぁ,引っ越してきたのってもう2年半も前の話だからさぁ,年月日とか言われても覚えてないわけよ。

そいで,色々全部記入した後に,窓口のねーちゃんに聞いてみたわけ。これってどう書いたらええの?と。そこでトラブル発生よ。



ね「2年も前なんですか?」

De「はい。そうですけど。」

ね「じゃあ14日を過ぎているので,この書類書いてください。」

~簡易裁判所云々の書類を渡される~

De「なんすか?これ。」

ね「引っ越してきて14日以内に届けないと過料が科されます。」

De「え!?そうなの?転出届け出してからじゃなくて?」

ね「はい。引っ越してきてから,です。」

De「俺学生だったりするんだけど,関係なく?」

ね「はい。法律で決まっているので。」

De「じゃあ,住民票動かしてないんだよねぇ(ゲラって感じの大学生とか,全員法律違反?」

ね「はい。そうなります。」

De「え~そうなの?生活の拠点が本格的にこっちに移るからってんで書類出してるんだけど。」

ね「関係ありません。」



オーマイブッダ。しらなんだ。そうだったのか。法律でってんなら仕方ない。簡易裁判所バッチ来いってなもんよ。しかし過料の金額は知りたい。不安すぎるぜ。


De「過料ってだいたい幾らぐらいなんですか?」

ね「こっちでは分かりません。」

De「まぁそうなんでしょうけど,大体なら分かるでしょ?」

ね「こっちでは分かりません(ため息)」


~この返事によってDecoのヤカラ魂に火が付く~


De「(イラ)ん,じゃあ500億円?」

ね「それはありません(プ」

De「じゃあ50銭?」

ね「それもありません(ゲラ」

De「じゃあいくらくらいなの?」

ね「こっちでは分かりません」

De「いやいや,500億でも50銭でもないんでしょ?その判断ができるってことは,大体何円から何円くらいまでっていう目安は分かるんじゃないの?何円までの過料に処すみたいな感じの条文とかさぁ。」

ね「(ため息)分かりませんって(ボソ」

De「(イラッ!)法律で決まってる云々言ってたよね?それを教えてくれれば良いんやけど。」

ね「さっきのは考えたらわかるじゃないですかぁ(ゲラ」

De「法律で決まってるんだったら,考えても駄目じゃん。つか分からないから聞いてるですよ。」

ね「・・・」

De「いや黙られても困るんですけど。」

ね「・・・」

De「(プッチーン)あぁ,ホントに分からないんですね。じゃあ分かる人に聞くなりなんなりして下さい。もしくは,何法の何条何項を参照すれば良いか教えて下さい」

ね「できません。」

De「え?そんくらいできるっしょ。」

ね「できませんし,分かりません!

De「(イライラッ!!)分かんないのに法律で決まってるとか言うわけ?要は法律で決まっているらしいってことだけ知ってて,中身は知らないわけね。なんかそうなると最初の話も怪しくなってくるけど,まぁそれはいいや。他の人に聞いたり,調べたりできない理由は何なの?別に今は他に待ってる人も居ないしさ。」

ね「・・・(敵意」

De「(殺す)話にならないな。他の人出して。」

ね「無理です。」

De「それはありえへんがな。」

ね「無理なので。」

De「・・・」



何このヤカラっぷりorz

今こうやって見直してみると,100%俺が悪いじゃないか。ふざけんな俺。


ということで今日はもう中止だ中止。これ以上何を書けってんだ。


それにしても,役所の窓口でもめるってのは,相当凹む。社会人の匂いすら感じないDQNっぷり。むしろ今俺を殺せ。


(追記:科料を過料に直したよ☆ 12/2深夜)

Comment

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S42/S42HO081.html

住民基本台帳法の23条と51条の2に該当しますね。それによると、5万円以下の罰金ですね。

簡易裁判所の手続きをさせるわけだから、担当役人はきちんとした説明をすべきだと思うのだけど----。
  • 2006/12/03 01:06
  • takashi
  • URL
  • Edit
>takashiさん

お~,僕も調べましたよ。
んで改めて見るとエントリ内に間違いハケン

科料→過料○

でした。科料は刑法の話だそうで。

んで個人的には,

>ね「無理です。」
>De「それはありえへんがな。」
>ね「無理なので。」
>De「・・・」

の辺りのおトボケっぷりが気に入ってるのですけど,やっぱ説明はして欲しいなぁと思いました。まぁ明らかにお前ヤカりたいだけやんけみたいなところも無きにしもあらずでムニャムニャ…
  • 2006/12/03 01:50
  • Deco
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。