支持するために訳し直しながら読むという支持

これ読んだ。

支持的精神療法の上手な使い方
ディビッド・S. ワーマン 亀田 英明
4791101715



非常にタメになる内容ですが,訳が悪くてイライラ。しばしば心が折れそうになる。
直訳直訳でようワカランので,仕方がないから直訳から英語を推測→訳し直しみたいな脳内作業を行いながら読む。

カレッジの学生→college student→大学生
毎時間→every time→いつも

みたいな感じで。ほんと,下訳レベルなんじゃないですかね。しかしまぁ直訳丸出しな分,原文が想像しやすくて,そこがこの本との繋がり所だったりして。皮肉なもんですが。


ただし,支持的心理療法の原則が事細かに書いてあるので,あぁこういう風に抽象化して頭に置いておけば良いのね,という発見が沢山ありました。

支持と洞察が相容れないアプローチだなんて,もはや誰も考えていないだろうし,ワクテルも「必要な限り支持的であれば,それだけ洞察的になれる」なんて言ってたりするわけですけど,「支持的に関わります!」って言うときに,「一体あんたは何してんの?何を支持してんの?支持するって何?てか,なんで支持すんの?」ってな事柄をキッチリ考える上で,「支持的心理療法とは何か」という事を理解しておくことはとても役に立ちそうです。

最近は起き抜けにこむら返りでぎゃーと叫いたり,看護学生相手にカウンセリングの訓練をやるなんていう大役に挑んだり,懸案事項の論文が書き上がったり,先輩の結婚式2次会で会いたい人達と会えて嬉しかったり,なんかまぁ,そんな感じの生活です。

某先生のJCに対抗するわけでは全然ありませんけど,こちらも某後輩とJC兼研究グダグダ相談会をやることに。テーマはImagery。某後輩,学振当たると良いですね。20%ってのは高いなぁ・・・。自分も出せば受かるんじゃねぇか?なんて気になりましたけど。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。