おにぎりに至る病は不治の病ではなかった

今日は昼に時間が空いていたので,3ヶ月ぶりに髪を切ったきた。

こちらに住んで,気付けばもう6年目になるのだが,ずっと同じ店の同じ人に切ってもらっている。思えば長い付き合いだ。会員証に書かれた来店の日付は,自分でも感心してしまうくらい,綺麗に3ヶ月に一度のペースを刻んでいる。このペース,自分では全く意識していないのだが,おそらく俺の中にある何らかのセンサーが,何らかのサインをキャッチし,そして何らかの信号を発信した結果,そうなっているのだろう。そうに違いない。

どの店でもきっとそうなのだろうが,髪切りチェアーで美容師を待っている間,アシスタント的な趣の人々が非常に洒落た髪型雑誌を手渡そうとしてくる。これは本当に毎回だ。そして俺は,あ,ナンバーとかありますか?とその受け取りを拒否するのである。これも本当に毎回だ。これだけ長く通っているのだから,いい加減そこらへんの具合を覚えてくれても良いような気もするが,どうか。

しかし,ああいった雑誌を何の抵抗もなく受け取って,これにしようかなあれにしようかなと,はしゃげる気持ちが分からない。コンビニで試しに立ち読みしてみたこともあるが,そこに登場するのは異性の目を存分に意識したチャラ男ばかりではないか。いや,そりゃあ俺だって異性の目は存分に意識してはいるけれども,ああいったチャラけ世界にはどうも入っていけないのだ。

そういった雑誌に限らず,いかにもイケていて,いかにも洒落てる輩が,時折「いや俺はそういうの意識しないからw自然自然wシンプルwうちの部屋ってあんま物無いんだよねw」みたいなことをほざいているのを見ることがある。何が自然派だ。笑わせるな。本当に何事をも意識せず,自然でシンプルなのだとしたら,なぜお前はそんなにチャラい風体なのだ。モテたいならモテたいと正直に言え,この馬鹿野郎。僕のシンプルはファッショナブル・シンプルですと言え,この馬鹿野郎が。

妻が割と有名な服屋さんでパートをしているのだが,そこのキモメン店員達の生態を聞くのも楽しみだ。奴らは昼食から夕食まで,オシャレなカフェやバーで摂らないと気が済まないらしい。読む本も,聞く音楽も,見る映画も,何もかも洒落ていないと気が済まないのだそうだ。なぜそんなにも洒落ていたいのか。カフェだかなんだか知らんが,一体全体そういうところにばかり行こうとする目的は何なのだ。その辺り,誰かこの阿呆にも分かるように教えて頂ければと思うが,どなたかそういう奇特な方はおられませんか?


思えば,こうして定期的に美容院に通うようになるなど,大阪時代には思いもしなかった。中学時代には,何を間違ったか「ツーブロックにした髪の毛を後ろに流れる感じにして欲しいのだが,どうにかならないだろうか」と行きつけの床屋に相談した俺様の髪の毛は,非常に大量かつ,自己主張の強い,しかしながら真っ直ぐかと言われると微妙にひねくれている,扱いづらい髪の毛であった。我ながら非常に回りくどく分かりにくい言い方になってしまったが,つまるところ剛毛だから普通に手を加えたくらいでは良い感じに後ろに流れたりはしない,ということだ。

そこで少し考え込んだ床屋のオッサンが出した提案は「アイパーかけよう」というものだった。今からするとホームラン級の阿呆提案のように思うが,オッサンの引き出しから捻り出されたものがそれだった以上,頼む場所を間違った俺が阿呆だと言わざるを得ない。当時の俺はアイパーというものが,一体どういうものなのかを全く知らずに,その甘い誘惑に乗ってしまったわけなのだが,結果的に出来上がったのは,まるでアロンαで固められたヒジキさながらの,珍妙な髪の毛型オブジェであった。風が吹いてもなびかない。水に濡れても崩れない。素晴らしき形状記憶機能である。

それに懲りた俺は,それ以降パーマをあてたことがない。そしてこの先も,きっとそれをやらないだろう。大した理由は無いのだが,先述のセンサーが「それはやめておけ」と強く主張しているような感じがするのだ。ん~,なんとも非常にハッキリしない言い方になってしまったが,やはり服でも髪の毛でも,あんまり「これやりました!」みたいなのは耐え難い。なんとも言い難いが,そういうのはあんまり好きじゃないのである。

ただ,外見に頓着しないと思われがちな俺だが,実際には非常に頓着しているということを告白せねばなるまい。人に勧められて服を買うことは皆無だし,近寄ってくる店員などは正直なところハエかカナブン程度にしか思っていない。当然のことながら,自分がこれと思うものにしか,金を出す気がしないのだ。お前の意見など端から聞く気はない。俺も話しかけないから話しかけるな。

じゃあどういうのが好きなのかという話になるが,それはそれで何の面白みもなく,あまり目立たない,変わっていない,普通のものが好きだとしか言いようがない。それでいて,同時に過剰気味な自意識メーターが振り切れてしまわないような,恥ずかしく感じずに済む物が良い。他のことでは極端を好むのだが,ことそういった事柄に関しては,中間こそ我が居場所なのだろう。



今まさに,大いに話が逸れていることに気が付いた。

と言ったそばから,逸れるも何もそもそも話の本線すらグラグラと定まっていないのだから,別にこうして改める必要も無いように思ったのだが,どうか。

というか,何の話でしたっけ?

Comment

183はハゲ
私は成金オサレさん

不景気ふぁkk;;
  • 2009/06/12 13:07
  • 友人
  • URL
惜しいな

俺→ハゲ
しんこ→ハゲ兼成金オサレ


不況おつw
  • 2009/06/12 18:48
  • deco
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。