阪神優勝 ~アンタイ・タイガース(近鉄ファン~

阪神タイガースがリーグ優勝しましたね。おめでとうございます。

さて,僕は関西出身ですが,昔から阪神は好きじゃないというか,むしろ嫌いでありました。ですので,院生部屋の関西出身者が喜んでいる姿を見ながら,内心ケッと思っているわけです。クソが。

なぜ阪神が嫌いなのか。それは僕が近鉄ファンだからです。正確には,ファンだったというべきでしょうかね。近鉄,なくなっちゃいましたから…。しかし,最後の優勝を決めた試合のヴィデヲは,今でも大切に保管してあります。昨年受験勉強で苦労したときも,北川の「おつり無し逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン」のシーンを見て自分を奮い立たせてきました。未だに激しくテンションが上がります。

さて,なぜ近鉄ファンだと阪神が嫌いなのか。その気持ちの背後には,阪神に対する僕の妬み嫉みがあるわけです。

近鉄バファローズ(notバッファローズ)はマイナー球団でしたから,そのファンは所々で屈辱を受けてきました。

近鉄ファンの受ける屈辱の中でもっとも大きいのは

近鉄ファン(プゲラ

という世間の目でありました。
近鉄は大阪の球団です。にも関わらず,そんなマイナーなチームのファンなの?(プ みたいな事を,ず~~~~っと言われ続けてきたわけです。根性がねじ曲がるのも無理ないですね。

阪神ファンが「中村阪神来たらいいのに」とか「岩隈くれへんかなぁ」とか言うのを聞くと,激しく腹が立ちます。というか,立ってました(泣
そういうのが実に自己中心的な考えに思えたのです。なめんなよゴルァと。


さらに,近鉄が優勝争いをしていて,しかも劇的な勝ち方をした次の日のスポーツ新聞の一面が,「片岡もうあかん」みたいな記事だった日には,もうやってられません。だから,阪神を嫌うことで溜飲を下げてきたのです。阪神が負けたら「いい気味だな(プ」とね。

さらに,ABCテレビなんかがわざとらしく近鉄特集を組んだりしても,アナウンサー達の普段の言動から彼らが阪神贔屓であることは誰の目にも明らかであり,どうにもこうにも他人事感が拭えないのです。近鉄ファンが信用していたメディアは,毎日試合を中継してくれていた,ラジオ大阪だけです。
近鉄が調子よくても,阪神がちょっと勝てばそっちに行っちゃう。結局近鉄との事は浮気みたいなもんです。


近鉄消滅騒動の時にも,ABCなんかが球界の構造的問題なんかには頑張って意見していましたが,近鉄が無くなってしまうという,ファンの哀しさを伝えてはくれませんでした。
近鉄は確かにマイナー球団です。ファンの数も少なかった。だけど,チームを愛する気持ちは他のどの球団のファンとも変わりません。むしろ,進んでマイノリティになろうなんて人たちが多いわけですから,その愛の純度は高かったのかもしれません。だから,せめてファンの悲しみを真っ正面から伝えて欲しかった。

あの事件に関する近鉄の伝説的名監督,西本幸雄氏の発言は,全ての近鉄ファンの気持ちを代弁してくれています。

「近鉄消滅はあまりに悲しすぎて,何も言えない」

そうです。そのとおりですよ。近鉄の経営が大ピンチだった事くらい,みんな知ってました。これまでずっと味方だったラジオ大阪のナイター中継が,球団消滅の年から打ち切られたり,近鉄と大阪をこよなく愛したローズを放出してしまったり。こりゃ身売りかな…という予感は感じていましたよ。だから球団消滅の話が出てきても,声高に「球団存続を!」と叫ぶのも哀しかった。分かってたんです。結局近鉄が無くなってしまうことくらい。

近鉄消滅問題に端を発した球界再編騒動なのに,いつの間のやら近鉄の問題は脇に追いやられてしまいました。それもまた哀しかった。確かに現実的な問題はいっぱいあって,近鉄消滅って言うのはそういう色んな歪みの,一つの表現だったのだと思います。臨床心理学っぽく言うと,近鉄は球界の持つ病理を表現するIdentified Patientだったのだと言えるのかもしれません。
だから,球界自体の構造について議論することは間違いなく有益な事でありました。しかし,ファンとしては哀しかった。球団消滅というネタを持ってしても,数ヶ月ほども興味を引きつけられないのか,と。


…。

これはもう昔の話です。オリックス・バファローズは,近鉄ではありません。僕の知っている近鉄ファンは,誰もオリックスに鞍替えしませんでした。僕もそうですし,僕の父もそうです。父はあまり趣味のない人ですから,近鉄の試合のラジオ放送を聞くことを何より楽しみにしていました。畑仕事をしながらラジオを聞く,そういう時間が彼にとって大事だったのだろうと思います。


今ではそれも昔の話です。

実家では,日刊スポーツの購読も打ち切ったそうです。何年か前から計画していた,ケーブルテレビとの契約も,当然取りやめになりました。この先,父が野球のラジオを聞くことも,贔屓チームがボロカスにやられて憤慨することも,その憤慨によって僕が苛立つことも,もうありません。

幼い頃に父とよく行った藤井寺球場・日生球場の思い出も,遙か昔の事のように思えます。既に存在していないものについての思い出は,もうこの先,更新されることが無いのです。それはあまりにも哀しい。まるで親しい人と死別したかのような言い方ですが,まぁそんな感じなのです。

近鉄で現役生活を終えた元選手達は,子に,そして孫に,なんて言って自慢すれば良いのでしょう。自分の居たチームが無くなると言うこと,自分の愛した球団が無くなると言うこと,それは本当に哀しいことだと思います。


結局僕は楽天を応援することにしました。しかし,昔のように一喜一憂することは無くなりました。僕は未だに近鉄ファンなもので。

あまりにも哀しくて,涙も出ません。もっと書きたいことはありますけど,これくらいにしておきます。

Comment

ああ…気持ちが伝わってくる良い文だなぁ。

もう近鉄ファン(プゲラ なんて言いません。絶対。

近鉄ファン(プゲラ なんて!
いや、マジでちょっぴり感動しちゃいましたよ。
ああ・・同じ関西人としてよくわかります。

ちなみにわたしは元・ヤクルトファンですた(オイ
まあ○○(あえて伏せ字)以外が優勝したら喜ぶと
いう単純なわたしですが。ええあえて伏せ字。

>ラジオ大阪

関係者にDecoさんの熱い想いを伝えておきますよ。
それではまた。
  • 2005/10/01 00:12
  • moo
  • URL
  • Edit
おおお
何か、Decoさんのキャラが伝わるエピソードですね。

まさに、近鉄ファンの語るナラティヴストーリーです。


mooさん、私もアンチ○○ファンですよ。
  • 2005/10/01 00:29
  • takashi
  • URL
  • Edit
>>ロテさん

書いてて僕も泣きそうになりました;;;
まぁ近鉄ファン(プゲラは,まぁ自然な感想だと思うんですよ。でも,ファンであるという事の背後には,人生とぴったりくっついた想いがあるわけでしてね・・・。阪神だけが関西文化な訳ではないのです。近鉄も我が家では欠かせない文化でありました。

>>mooさん

ヤクルトファンでらっしゃったのですか。
なぜか変な目で見られてしまうのですよねぇ・・・。たまりません。
あえて伏せ字なのも想いが伝わってきますねw

>ラジオ大阪

是非,お願いします。僕はラジオ大阪愛してますよ。
>takashiさん

語りの質はいかがでしょうか?w
僕にとって,近鉄の事を語ることは,すなわち自分の事を語ることなのでしょうねぇ。
トラバありがとうございました
初めまして。
私はブログにも何度か書いてるんですが、幼少の頃から日本一の翌年までは「トラキチ」と呼ばれるほどの阪神ファンでした。でも「にわか」ファンが増え、その行き過ぎた行動に嫌気がさして近鉄ファンになったんです。当時、梨田、大石、栗橋などがいましたでしょ。人気のない関西の球団を応援しようって。兵庫の人間なんで阪急でも良かったんですが、何故か近鉄。女子校には珍しく、近鉄ファンの先輩がいたのでその影響もあるかもしれません。何せ当時の近鉄が魅力的に感じたのです。だから『阪神タイガースの歌』はフルコーラス歌えても『近鉄バファローズの歌』は歌えません。
真の阪神ファンは、道頓堀川に飛び込んだり、タクシーを壊したりしません。あれは似非です。
私は、オリックスも楽天も応援する気持ちになれません。選手個々は応援しますが。今年は岡田監督で阪神が優勝できて良かったなあ、と思っています。でもちょっと広島も応援してたかな。
  • 2005/10/01 09:52
  • しょうこ
  • URL
  • Edit
うんうん
ちょっと胸を打たれました

僕は野球を見ないので、
阪神、近鉄両ファンを意識的に区別したことはないですが、
「大阪ドーム」は近鉄で、練習場も藤井寺。
「甲子園」は兵庫県じゃないですか。

いくら昔大阪タイガースだったとはいえ、少し不思議です。
>>しょうこさん

TB送りっぱなしで失礼しました。
楽天なんですが,僕も結局選手個人を応援してますね。鷹野あたりが活躍すると,ものすごく嬉しかったりします。

阪神はファンの数こそ多いですが,似非な人も沢山混じってる気がします。
そういえば,近鉄が優勝した年にも似非ファンが大量発生しましたね。まぁすぐその波も引いていきましたけど。あのときは,似非とは分かっていても少し嬉しかった覚えがあります。

>>ケースケさん

もうそのあたりは諦めてましたねぇ。結局は早く根付いた者勝ちなんでしょうから。
TBありがとうございました
こんばんは。

私は近鉄消滅後、サッカー中心の生活になっていますが
心の中では「やっぱり近鉄バファローズが一番だ!」と思っています。
あんなに魅力がいっぱい詰まったチームを経営の都合だけで勝手に引き裂かれ、今でも悔しさでいっぱいです。
楽天も合併球団も応援出来ないので自分も
近鉄にいた選手を陰ながらひっそりと応援しています。
高須やケガから復帰した吉岡、北川の活躍に涙する日も…。
どうもはじめまして。
TBありがとうございます。
共感しながら読ませて頂きました。

私も物心ついた時から、近鉄(パ)ファンでして、セのテレビ中継は見ずに、新聞でパの試合結果だけをチェックする、という、一風変わった子供でした。
父にちょくちょく藤井寺球場や大阪球場へ連れて行ってもらってましたので、自然っちゃあ自然なのかな?(ただ、父は近鉄ファンではなく、家族では私ひとりが近鉄ファンでした・・・汗)

いくら勝てなくても、人気がなくても応援し続け、近鉄消滅の時には本当にこの気持ちをどう表現していいか、どこに怒りをぶつけたらいいのか分からず、ただ涙を流しました。

この悲しみは計り知れない。

でも私は、選手達が悪いわけではない、と地元ということもあり、オリックスバファローズを応援しています。が、やっぱりどこファンかと聞かれたら、未だに「近鉄」と言い、近鉄ないやんと突っ込まれても、でも好きやねんと返しております・・・。

近鉄ファンの方からTB嬉しくて長々と自分語りしてしまいました、失礼致しました。
まだっちゃんと見てないですが、楽しそうなブログですね!また遊びに来させてもらいますね♪
語りの質
>僕にとって,近鉄の事を語ることは,
>すなわち自分の事を語ることなの
>でしょうねぇ。

いやー、ナラティヴな質問を繰り出したくなっちゃいます。(でも、控えます)

語りの質は、この場合は、他者の評価というよりは、Decoさんがどれだけ語ることができたか、語りたいことを語れたか、今まで語られなかったことが語られたか、などなど----といったものに依拠するかなと思います。つまり、私にとっては、これらのことがDecoさんができたと思うなら、「語りの質」はよかったということになります。

何か自分で書いててわけわからん。
  • 2005/10/03 16:44
  • takashi
  • URL
  • Edit
>>さららさん

僕もやっぱり近鉄の選手の応援が主ですね。
吉岡が復活した時は,興奮を抑えることができませんでした。こういう気持ちがあれば,またその内他のチームだって好きになれるかもしれません。

>>てるえさん

いやほんとに,哀しかったです。僕もそのやり場がありませんでした。
球団経営者は,ファンの気持ちとか思い入れをなめていたんだと思います。結局合併したことのメリットってなんだったんでしょうねぇ。未だに分かりません。

僕も結局近鉄ファンです。これを言うとネタのように受け取られてしまいますが,心からそう思ってます。

今後もよろしくお願いいたします。
>>takashiさん

なるほど。僕はてっきり,語りの質っていうのは,例えばGriceの公準のような基準に基づいて「評価」されるものなのかと思ってましたが,

>さんがどれだけ語ることができたか、語りたいことを語れたか、
>今まで語られなかったことが語られたか、

という視点はなるほど,面白いなと思いました。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
9・23労使交渉妥結~誰がための
「9・8オーナー会議~牛をNPBに」の続き偶然にも選手会支持(応援)のために行っていた寄せ書き活動は、9月23日で打ち切ることが決まっていた。ホーム最終戦の前の試合まで集めて、労使交渉も佳境に差し掛かっ...
  • 2005/10/01 02:47
  • URL
あれから1年経ちました
今日は6月13日。去年のこの日は忌まわしくもオリックス近鉄合併の報道がされた日。この日を境に球界再編は目まぐるしく動き、ファンも選手も振り回された。特に近鉄、オリックスの選手と両チームのファンにとっては自分も含めてだが気が気でない毎日が続きほんのわずかで
  • 2005/10/01 22:27
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。