論文に載らない知見

我々は,実際に物に触れなくても,見るだけでその物の手触りが分かるときがあります。分かるからこそ触りたい。でも,触って良いものと悪いものがある。なんと悩ましいことだろう。

さて,従来より,視覚と触覚間における情報のやり取りには,言語的・意味的な過程が関与していると言われてきました・つまり,犬と言えば柔らかいな,とか,この表面の感じは見るからに岩だから堅いだろうな,とか。これは言語的媒介説と呼ばれ(Blank & Bridger,1964),モダリティ間現象を説明する原理として,ちやほやされてきました。ちなみに,fMRI研究でも,物品の材質的・材料的な側面をイメージする際には,意味過程に関与するといわれる部位が賦活することが示されています(Newmanら,2005)。

つまり,目で見て手触りを知るというときには,そもそもその物について,よく知っていないとイカンわけです。実際に触れた経験があって,それを覚えているから,触らなくても触感が分かる。これを例えると,赤ん坊のほっぺを見て柔らかそうやなぁと思うのは,それが赤ん坊のほっぺだと分かるからであり,同時にそれを触ったことがあるからなのだ,という事になるのかもしれません。ちなみに,目で見て物の触感を判断する際,対象となる物品について熟知度が高いと,触感の判断が正確になるという知見もあります(池田ら,2002)。

以上より,一つの可能性が導かれます。視覚刺激から触覚的情報を得るという場合,その対象物がそもそも命名可能なものであるかどうかが,得られる触覚的情報に影響を与えているのではないか。前にやった研究で,これに関連するデータを得ることができました。でも,ある意味たまたま得られた知見だったりするので,論文にはしてないし,発表する予定もありません。ということで,ここに書くことにしました。

方法ですが,大学生30名程度に対して,様々な自然物なり物品なりのテクスチャ画像32枚を一枚ずつPCで呈示し,呈示された画像についての命名を求めました。さらに,その画像から触感をどの程度鮮明にイメージできるか(触覚イメージ鮮明性)を問いました。さらに,その画像から受ける印象を触覚に関連する擬態語によって印象評定してもらう,というのもありましたが,ここでは述べません。なお,画像はデータクラフトの素材辞典から引用しました。全て輪郭のない表面のみのカラー画像でした。

結果を簡単に。まず,各画像の命名は自由記述データなので,数名で協議し,同一内容を示すと考えられるものをまとめて集計し,命名一致率を算出しました。これを用いて,「視覚刺激から触覚的情報を得るという場合,その対象物がそもそも命名可能なものであるかどうかが,得られる触覚的情報に影響を与えているのではないか」という仮説を検討するために,命名一致率を独立変数,触覚イメージ鮮明性を従属変数とした回帰分析を行いました。ちなみに両変数の相関係数は,r = .88でした。もはや回帰は不要ではないかとも思いますが一応。R二乗値は.77,回帰係数は.88でした。

結果から,対象物の命名率が,その対象物から受ける触覚イメージ鮮明性に大きな影響を与えていたということが読み取れます。つまり,視覚情報から触覚情報を得る場合には,その対象物を容易に命名可能であるということが,得られる情報量を大きなものにしている,と言えるかもしれません。


結論。

おっぱいを見て柔らかそうだと感じるのは,それがおっぱいだと分かるからである。


…。なんつーかもう,


台 無 し 


ですね。以上,適当な研究報告でした。身元バレ?上等上等。

Comment

コメント投稿したいけどできない(NGワードがうんぬん言われる)のは、私のハンドルネームがNGワードに登録されているからなのでしょうか?それともえっちい言葉が入っているから?

困ったものです。
  • 2009/09/15 08:18
  • URL
某様

それは失礼致しました。スパムコメントが極端に嫌いなもので、NGはやや厳しめに設定してきました。ご迷惑をおかけしました。

ちなみにですが、特定のハンドルネームをNG設定したことはありません。またコメント中のエロURLを弾くために、えっちぃ言葉以外もいくらかNG設定しています。

これを機にいくらかNG設定を減らしました。もしよろしければ再び投稿をお試し頂くか、当ブログのメールアドレスまで直接お送りください。
  • 2009/09/15 12:50
  • URL
やっぱり禁止キーワードが含まれているそうなので、メールで送ります。
メールにてコメントいただきました。一部NGっぽいところだけを改変して記載します。ご了承下さい。

以下コメント


すばやいご対応ありがとうございます。

さて、「蝕感覚」と一言で言っても「毛皮に触った時にふわふわ感」と
「胸の柔らかさ」というのは微妙に異なるのではないでしょうか。

「毛皮に触った時のふわふわ感」と「女性の肌のなめらかさ」だと
いずれも「表面の肌触り」であり、似たような感覚だと思うのですが、
「胸の柔らかさ」の場合にはそこに
「弾力」という要素が加わってくるのではないかと。

さらに言うと「弾力」を感じる場合には、
「指(あるいはその他の身体の部位)によって圧力をかけること」
が必要となり、そういった意味では
「運動感覚」みたいな要素も加わってくるのではないかと。

…と考えると「毛皮のふわふわした感じ」「岩のゴツゴツした感じ」
みたいなものと「胸の柔らかさ」ってのは
厳密には区別されるべきなんじゃないかと思ったり。

さらに臨床的な観点から考えると、手で触る感覚と
口唇で触れる感覚というのは全く違うような意味を持つような気もします。

もちろん、研究する上では「蝕感覚」を
どのように定義するかにもよりますし、
知りたいことによっては当然一緒くたにしてしまってもいいとは思うのですが。

とりあえず関連するテクニカルタームはよくわからないので、
かなり日常語に近い感じになってしまいましたが、
言いたいところは伝わるでしょうか?

なんか激しく門外漢っぽい発言で申し訳ないのですが、
とりあえず素朴な疑問ということで。
  • 2009/09/15 18:53
  • ロテ職人(凸)
  • URL
代理投稿ありがとうございます。

「胸」だとどうしても感じがでないので、本当は変えたくなかったのですが、やっぱそれがNGなのですよね。
>ロテさん

そうなんですよね。胸では感じが出ません。しかし,一部伏せ文字にするというのもアレかなと思いまして,こういう形にさせていただきました。ご了承下さい。


さて。

コメントありがとうございました。
それでは回答してみたいと思います。

本研究では既に複数挙げれている触感の次元の中から「硬さ-柔らかさ」に焦点を絞って検討しています。よって,それ以外の触感にまで一般化して論じるのは難しいですね。今後何らかの形で発表するならば,結論等における「柔らかさ」の定義と,議論の範囲を厳密にする必要がありそうです。ご指摘ありがとうございます。

さて,本研究の論点は「命名は視覚情報による触覚的情報の想起手がかりになるか」という点です。 それに触感覚の種類が影響する可能性もありますが,今回この点については言及していません。 実際,触感の種類を要因に加えてみると,どうなるでしょうね。興味深いところです。

これは個人的な見解ですが,どのような次元の質感を想起するにしろ,命名は想起の手がかりとなるのではないかと考えます。これを実験手続きで例えると,画像でなく,対象物の名前を呈示した場合にも,そこから何らかの触覚的情報を想起することは可能だろう,ということになります。ただし,触感の種類によって程度の差はあるかもしれませんし,その他の要因,例えば「湿り気」なら表面の光沢,「弾力」なら表面の凹凸などの視覚的手がかりが重要性を増してくるかもしれません。しかしながら,自然物の属性を統制するのは非常に難しいので,方法論的な困難にぶち当たりそうです。

運動感覚についてですが,これも面白いですね。ちなみに,触覚イメージの想起には運動感覚的なイメージが伴うという知見(つまり触るところもイメージする)もありますので,先行研究から見ても妥当な推論かもしれません。これに関連して連想すると,おそらく「弾力」は対象物を指先で押す,つかむ,握るといった運動と,それに伴う対象物の凹み具合などを「視る」ことによっても,想起されうるのではないかと思います。その対象物が命名不可能なものであったとしても,です。もちろん仮説ですが。このように,触感の種類を厳密に定義することで,そういったより詳しい知見が得られる可能性はあると思います。



>知りたいことによっては当然一緒くたにしてしまってもいいとは思うのですが。

ですね。触感の種類による違いが知りたいときに,それを分ければよいのではないかと思います。


とりあえず以上となりますが,いかがでしょうか。
  • 2009/09/15 20:49
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。