モード性格論 ~じゃあやってみせろよ~

昨日こんな本を買いました。

「モード性格」論―心理学のかしこい使い方
サトウ タツヤ 渡邊 芳之
4314009977



「質的」な人たちの人格研究です。
僕は渡辺芳之氏のファンなのです。本屋で見つけて即買いしました。
詳しく内容をご説明する気力は今のところありません。


内容は面白かった。本当に。「関係性」という言葉がちらちら頭に浮かんだ。同じ現象を説明する事ができる概念だなと。

しかしね。

性格のモードを変えろ変えろというけれど,

それができたら何の苦労もおまへんがな。



「性格は変わらない」という思いこみのせいで,みんな性格について悩まないといけない。ほんとは性格なんて一貫してないし,状況や他者との相互作用の中で立ち現れてくる物なのに。


そうですね。僕もそう思いますよ。


だから,そんな思いこみは捨てて,自分の性格のモードを変化させて,それを楽しんじゃおう!という新発想。


そうですか。でもね。

正しくそれを指摘することと,それを根拠にみんなハッピーになろうぜって言う事との間には,大きな大きなギャップがあるんじゃない?

そこは成果で話をしていただきたいところです。


だけど。


面白かった!!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。