卒論生の指導をする ~チューター&チューティー~

受け持ちの卒論生が卒論を仕上げにかかっています。ほんと難しいテーマによく頑張って取り組みました。見上げたもんです。

今は序論の部分を読んで添削しています。今日の指導ポイント。

卒論生「引用文献は多い方が良いですよね?」
Deco 「分かってるとは思うけど,引用文献は量で勝負するものではないナリよ。論じる上で必要なだけの論文を引用するだけでおk。最も重要な事は,論じるべきものと,そうでないものを判断することだYO!!その結果引用文献の数なんて自ずと決まってくるんだZEEEEE!!」


卒論生の文章「~で,~だから,~で,~なので,~であり,~といえるため,~と考えられる」
Deco「文章長いYO!!何書いてるかワカンネ。沢山の要素を一つの文章に放り込んで,かつ意味の通る文章として構成するのは,ものすごく高度な技術をようするんだベイベ。んで仮にそうできたところで,長い文章が読みにくいことには変わりがないんだユーノウ?だから文章はとにかく短くきっちゃおうオーライ?チミは今小説や日記を書いてる訳じゃないから,格好いい表現より,むしろ無機質でより一義的に近い表現が必要だぜHAHA!!」


卒論生の文章「こんなんあります。こんなんあります。んでこんなんあります。」
Deco「このパラグラフの中心的な主張が明記されてないDeath。まず最初にそのパラグラフで言いたいことを書きなPsy。その後に,それを裏付ける内容をもって来なPsy。」




ほんと人の研究には好き勝手言えますね。
自分の事は棚にあげまくりんぐ。ちょっとした罪悪感。



マイ・チューティー。

難しい要請ばかりしてゴメンよ。

あと,これまでいつも科学哲学じみた話ばっかりしてゴメンよ。

君に伝えたことってさ,ほんとは俺にとってもすごく難しいことなんだよ。

俺が背伸びしたせいで,余計な苦労もあったかもしれないね。

ゴメンよ。



君の一途さは,今後何をするにも君をもがかせるかもしれない。でもきっとそれも身になる経験として,役にたつはず。
そして,あの時のチューターは全然大した事言ってなかったな,無能だったなって,可能であれば思えるように成長してください。



もうすぐ卒論も提出ですね。今言いたいことは,

グッドラック。

もうすこし洒落た感じで言うと,


アイゲスユーキャン。

ゴッドブレスユー。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。